20代で白髪が気になる・・・なんとかしたい!?そんな時、自然に染まる利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪へ

20代で白髪だらけ!利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪

20代で白髪だらけ!若白髪を自然に染める魔法の方法

siraga.jpg
 
button2_3.jpg





白髪が目につくようになる、
平均的な年齢は、男性が30代半ば。


女性は、30代後半とされています。


しかし、最近は、
20代で白髪だらけという女性が、
増えています。


原因の1つは、過激なダイエット。


栄養不足に陥り、髪に色味が入らず、
若白髪になる女性が、少なくありません。


見た目を大きく損なう若白髪。


白髪だらけの髪を、自然に染めるには、
どうしたら良いでしょうか?

 

頻繁に染めると頭皮と髪がボロボロに!?

shiraga.jpg


20代で白髪だらけ。


若白髪に悩む人は、何をおいても、
しっかり染めたいと願います。


多少、頭皮に負担がかかっても、
仕方ないと、考える人が、少なくありません。


しかし、髪や頭皮を傷めると、
すぐに色落ちしてしまいます。


染めても、効果が続きません。


頻繁に染めることになります。


刺激の強いものを、繰り返し使うことで、
髪や頭皮のダメージが、大きくなってしまいます。


若白髪を染める時、最も大切なのは、
髪や頭皮に優しい方法を選ぶことです。


髪や頭皮に優しい方法なら、
色持ちがよく、結果として、
短期間で色味が定着することになります。

 

若くして白髪になりたくなければジミアンに気をつけろ!

shiraga_2.jpg


20代で白髪だらけという人は、
頭皮や毛根が、普通の人より、
デリケートな傾向にあります。


頭皮や毛根がデリケートな場合、
合成化学染料の含まれた
ヘアカラー剤や白髪染め剤を使うと、
逆に白髪が急増することがあります。


白髪が急増する原因は、
ジアミンアレルギー



ジアミンアレルギーを引き起こすと、
白髪が急に増えることがあります。


若白髪に悩む人が、
白髪を染める時は、
合成化学染料は使わないのが、
無難です。


特に注意したいのが、ジアミン。


成分の記載を確認しましょう。


ジアミンが添加されていないものを、
選ぶようにしましょう。
 

ヘナカラーとヘアマニキュアだと頭皮が痛まない?

shiraga_3.jpg


頭皮に優しい方法として、
好まれているのが、
ヘナカラーとヘアマニキュアです。


いずれも、
一般的な白髪染めに見られる、
脱色作用は、ありません。


ヘナカラーは、
ヘナという植物の色素を使った、
天然のカラー剤です。


自然な色味で、
白髪を自然になじませることができます。


繰り返し使うことで、
深く色味を入れることができます。


ヘアマニキュアは、
天然のものでないことがありますが、
頭皮につかないように塗るため、
頭皮を傷めません。


部分的に塗ることもできるのが、大きなメリットです。

 

簡単!トリートメントするだけで白髪が無くなる?

shiraga_4.jpg


ヘナカラーは、人気の高い白髪染めの方法です。


ただし、髪を明るくすることは、
できません。


放置時間が30分以上かかります。


シャンプーを使うと、
色落ちしやすいのも、
デメリットの1つです。


そのため、ヘナカラーを使う人は、
お湯洗いが、基本になります。


天然の色素を使い、
トリートメントしながら色味を入れられる、
ヘアマニキュアが、利尻ヘアカラーです。


ジアミンは、配合されていません。


トリートメントするだけで、
3回目あたりから、
色味が白髪に入っていきます。


忙しい人も、
手軽に白髪染めできると、
口コミで好評です。



利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る