20代で白髪が気になる・・・なんとかしたい!?そんな時、自然に染まる利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪へ

20代で白髪だらけ!利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪

利尻ヘアカラートリートメント使い方!効果なしって本当?

siraga.jpg
 
button2_3.jpg





トリートメントタイプの白髪染めの、
パイオニア的存在が、
利尻ヘアカラートリートメントです。


そのため、利用者も多く、
売り上げは、日本一。


利用者が多いだけに、
口コミもさまざま。


中には、「染まりにくい」という口コミも。


利尻ヘアカラートリートメントは、
効果がないのでしょうか?

 

シャンプーの後のリンスやトリートメントは効果半減

 
rijiri.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
市販の白髪染めとは違い、
髪の毛の表面をコーティングします。

そのため、染め方も、違います。


注意しなくてはならないのが、
利尻ヘアカラートリートメントを使い、
シャンプーした後の処理。


シャンプー後に、
リンスやトリートメントを使うのが、
習慣になっている人は、
リンスやトリートメントをつけないように、
よく注意しましょう。


利尻ヘアカラートリートメント以外の成分を、
髪の毛の表面に付着させないようにすることが、大切です。

 

利尻ヘアカラートリートメントが一番が出るタイミングは?

shiraga_8.jpg


ヘアカラートリートメントの中には、
濡らした髪の毛につけるタイプもありますが、
利尻ヘアカラートリートメントは、
よく乾いた髪につけるのが、効果的です。


それなりに水分量があるためです。


適量の目安は、卵の黄身の大きさ。


髪の毛が長い人は、多めに取ります。


たっぷり使った方が、早く色が白髪に入ります。


素手でも構いませんが、
使い捨ての手袋を使った方が無難です。


爪が汚れなくて済みます。
 

利尻ヘアカラーは×××をするつもりで髪に塗る

rijri.jpg


髪の生え際から、塗り始めます。


生え際は、
白髪が特に気になる部分なので、
少し多めにつけます。


数回に分けて塗り、
均等になるように伸ばします。


白髪を隠すというより、
ヘアパックをするつもりで塗ると、
十分に行き渡ります。    


櫛で梳かさないのが、使い方のコツ。


櫛を入れると、
ヘアカラートリートメントを
剥ぎ取ることになります。


手を使って、髪の毛の根元に、
利尻ヘアカラートリートメントを
溜める感覚で塗ります。


塗り終わった後も、
櫛で梳かさないようにします。

 

髪の毛を温めて放置プレイ

rijiri_2.jpg


塗り終わったら、ヘアーキャップをかぶるか、
頭全体にラップを巻いて、密着させます。


放置している間、
湯船に浸かっていると、
髪の毛が温まります。


放置中は、髪の毛を温めるのが、使い方のコツ。


髪の毛が温まると、キューティクルが開き、
色素が髪の毛に入りやすくなります。


放置時間は、長いほど、早く色が入ります。


初回は、20分ほど、放置すると良いでしょう。

 

冷たっ!利尻ヘアカラーの効果を高めるには冷水が重要?

rijiri_3.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
シャンプーを使用すると、色落ちします。


たっぷりのお湯で洗い流しましょう。


洗い流す前に、一度、髪の毛を冷やすのが、コツ。


冷やすと、キューティクルが引き締まります。


色素を入れてから、
キューティクルを引き締めることで、
色素が、外に逃げていかなくなります。


さっと、冷水をかけると、良いでしょう。


また、すすぐ時のお湯も、ぬるめにするのが、
利尻ヘアカラートリートメントの使い方のコツです。


 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る