20代で白髪が気になる・・・なんとかしたい!?そんな時、自然に染まる利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪へ

20代で白髪だらけ!利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪

白髪を染めるタイミング!トリートメントで白髪を染めるメリットとは?

siraga.jpg
 
button2_3.jpg





白髪を染めるタイミングは、
悩ましい問題です。


特に、若白髪の場合、
美容院で相談するのに、
躊躇する人が、少なくありません。


いったい、いつから、白髪染めは、
始めたら、良いのでしょうか?


また、白髪染めを始めたら、
どのようなタイミングで、
白髪を染めると、良いでしょうか?

 

髪の毛の何%を白髪が覆ったら白髪染めをする?

rijiri_6.jpg


白髪染めを始める目安は、
髪の毛全体に対して、
白髪が占める割合で、
おおよそ決められます。


美容業界では、髪の毛全体に対して、
15~20%程度が白髪になったら、
白髪染めを検討するというのが、
1つの目安になっています。


15~20%になると、傍目にも、
白髪が目立つようになるためです。


年齢的には、30歳を過ぎた頃から、
白髪染めを検討する人が、多いようです。


若白髪の場合は、白髪の量を元に、
判断すると、良いでしょう。

 

白髪染を染める理想のタイミングとは?

rijiri_7.jpg


量にかかわらず、
気になってしまうことも、
若白髪ではあります。


特に、白髪が集中して
一箇所に生えているような場合は、
全体の5%程度の量でも、気になります。


その場合、白髪染めは、
即効性のある対策です。


白髪を染めるタイミングは、
2ヶ月に1回が理想とされています。


自宅で染める場合は、
間隔をできるだけ空けるのが、
無難とされています。


見えないところに染料を塗ろうとすると、
ムラを避けるため、どうしても、使用量が増えます。


使用量が増えると、
頭皮につく染料の量も、増えてしまいます。


頭皮トラブルの元です。

 

安くてしょっぼい白髪染めは頭皮を傷める!

rijiri_8.jpg


白髪は、普通のヘアカラーでは、
なかなか染まりません。


白髪には、メラミンがありません。


カラー剤を吸着する力が、
白髪には、ありません。


白髪を染めるには、
髪の毛のキューティクルを剥がします。


キューティクルを剥がし、
色素を髪の毛の内部に浸透させます。


髪の毛が、本来持っている、
結合力を弱めるのが、白髪染めです。


髪の毛や頭皮への負担が、
大きいと言えます。


短い間隔で白髪染めをすると、
髪の毛や頭皮が、傷みます。


頭皮へのダメージは、薄毛の原因
にもなります。

 

頭皮を傷めず白髪を染める裏技とは?

 
rijiri_9.jpg


白髪を染めるタイミングは、
2ヶ月に1回が理想。


しかし、髪の毛は、
1ヶ月に約1cm伸びます。


2ヶ月なら、2cm。

生え際や分け目は、白髪が気になる長さです。


また、男性の短髪では、
2cmというと、かなり目立ちます。


頭皮や髪の毛に負担をかけたくない。


白い部分を2cmも晒したくない。


そのような時、オススメなのが、
トリートメントタイプの白髪染めです。


トリートメントタイプなら、毎日、使えます。


一気に色素は定着しませんが、
徐々に色味が入っていきます。


毎日、ケアを行えば、伸びた部分が、
気になりません。


違和感なく、染めていくことができます。

 

白髪染めトリートメントで絶大な人気はコチラ

riziri.jpg


毎日、ケアができると、
口コミでも評判なのが、利尻ヘアカラーです。


利尻ヘアカラーは、トリートメント成分も、
染色成分も、天然由来


アレルギーの不安がある、
ジアミンやパラベンなどは、
添加されていません。


使えば使うほど、
髪の毛がツヤツヤになると、
口コミで好評です。



 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る