20代で白髪が気になる・・・なんとかしたい!?そんな時、自然に染まる利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪へ

20代で白髪だらけ!利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪

白髪染めヘアカラートリートメントはアレルギー体質はNG?

siraga.jpg
 
button2_3.jpg





ヘアカラーでアレルギー症状が出た人は、
稀ではありません。


消費者庁に届けられた、
毛染めによるアレルギー発症件数は、
平成22年~26年の5年間に、1008件。


そのうち、16.4%にあたる、166件は、
治るまでに1ヶ月以上を要しています。


白髪染めヘアカラーも、
アレルギー体質の人は、
使用を控えた方が良いのでしょうか?

 

ジミアンは本当に要注意!アレルギー反応が出やすい?

shiraga_9.jpg


ヘアカラー剤で、
アレルギー症状が出やすいのは、ジアミンです。


ジアミンアレルギーの症状の1つとして、
白髪が急に増えることもあります。


ジアミンの中でも、
アレルギー症状が出やすいのは、
パラフェニレンジアミンです。


東北労災病院の調査では、
テストを行った人の約75%に、
アレルギー反応が出たとされています。


パラフェニレンジアミンは、発色がよく、
色が髪につきやすいため、
ヘアカラーに多く使用されています。

 

アレルギー症状が一度でも出たらやるべき事はただ一つ

shiraga_10.jpg


アレルギー症状は、ある日、突然出ます。


今まで、異常が現れなかったからと、
安心していると、急に体調に異変が生じます。


いったんアレルギー症状が出てしまうと、
その後、アレルギーが出ない体質に変えることは、困難です。


アレルゲンと接触する度に、
アレルギー症状が現れます。


症状は、次第に激しくなります。


毎回、パッチテストを受けるようにするか、
アレルゲンとなる物質を避けるのが、
現実的な対処法になります。


アレルギー体質の人は、
ジアミンを添加していない
白髪染めを使うのが、無難です。

 

ノンジアミン染毛料3タイプをチェック!

shiraga_11.jpg


市販の白髪染めでかぶれた人も、使えるのが、
ノンジアミン染毛料です。


ノンジアミン染毛料には、3つのタイプがあります。

 
1.天然染料のヘナ

天然染料です。


ただし、販売されている一部の商品には、
ヘナであっても、
ジアミンが含まれていることがあります。


また、ジアミンが含まれていないヘナでも、
体調が悪い時に使うと、かぶれることがあります。

 
2.酸性染料を使ったヘアマニュキュア

酸性染料という色素を使っています。


使い続けると、
毛髪が収れんして、
固くなります。


繰り返し使うと、
次第に染まりが悪くなるのが、
デメリットです。

 
3.天然保湿成分配合のヘアカラートリートメント

売れ筋のヘアカラートリートメントは、
天然保湿成分を使用しています。


髪にも頭皮にも優しく、
市販の白髪染めでかぶれたことがある人も、
安心して使えます。

 

白髪染めにはPH7のヘアカラートリートメントが最適!

shiraga_12.jpg



よく売れているヘアカラートリートメントは、
保湿成分に天然由来のものを使用しています。


髪や頭皮へのダメージがありません。


そればかりでなく、使えば使うほど、髪がツヤツヤになります。


ヘアカラートリートメントは、毎日でも使えます。

毎日使うとなると、やはり、
髪や頭皮への負担が気になります。


注意したいのは、PH値。


PH値が高いと、髪は染まりやすくなります。

髪や頭皮は、PH値が高いほど、
傷みやすくなります。


色づきが良く、
髪や頭皮への刺激が低いのが、PH7程度。


PH7のヘアカラートリートメントが、
利尻ヘアカラートリートメントです。

 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る