20代で白髪が気になる・・・なんとかしたい!?そんな時、自然に染まる利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪へ

20代で白髪だらけ!利尻ヘアカラートリートメントで自然な黒髪

利尻ヘアカラートリートメント成分!頭皮が荒れるって本当?

siraga.jpg
 
button2_3.jpg





白髪染めで、頭皮が荒れることは、
珍しくありません。


酸化染毛剤の主成分、
パラフェニレンジアミンは、
テストを受けた人の約75%に
アレルギー反応が出たとの調査結果が、
報告されています。


問題の成分、
パラフェニレンジアミンを含まない白髪染めとして、
知られるのが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


利尻ヘアカラートリートメントを使っても、
頭皮が荒れることは、あるのでしょうか?

 

敏感肌やアトピーの人は頭皮が荒れるのは何故?

rijiri_11.jpg


利尻ヘアカラートリートメントの口コミを見ると、
「頭皮が荒れた」というケースが、皆無ではありません。


頭皮が荒れたと、
口コミを寄せているのは、
アトピー体質の人です。


利尻ヘアカラートリートメントの成分のうち、
染料の原料には、化学成分由来の染料が、
使われています。

色づきをよくするためです。
使われているのは、4種類。

4・ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、
HC青2、HC黄4、塩基性青99
です。


これらは、いずれも、
刺激性が低いとされています。


ただし、化学成分由来ですので、
敏感肌の人の中には、かぶれる人も、いるようです。

 

利尻ヘアカラーに使われている4種類の植物成分とは?

rijiri.png


利尻ヘアカラートリートメントの染料には、
植物成分由来の染料が、4種類使われています。


紅色の色素としてアナトー、
黄色成分としてウコンエキス、
青色の染料としてクチナシが、
使われています。


他にも、シコンエキスが、配合されています。


シコンエキスには、
髪にコシやハリを与える作用があります。


同じく、天然染料として知られるのが、ヘナです。


ヘナは、体調が悪い時に使うと、
かぶれることがあるとされます。


利尻ヘアカラートリートメントの
染料成分として配合されている、
植物成分由来の染料については、
かぶれたという報告は、見当たりません。
 

トリートメント成分や育毛成分が豊富

shiraga_13.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
トリートメント成分や
育毛成分が豊富に含まれているのが、特徴です。


髪にコシやハリを与える成分としては、
7つの成分を配合。


その中で、注目されるのが、利尻昆布エキスです。


利尻昆布には、豊富なミネラルや保水フコイダン、
保湿アルギンが、含まれています。


髪の表面をコーティングする成分としては、
ミツロウやパーシック油など、
8つの成分が、配合されています。


育毛成分は、23の成分を配合。


利尻昆布エキスを始め、
ローヤルゼリーエキス、カキタンニン、
ローマカミツレ花エキスなど、天然由来成分揃いです。

 

刺激の強い成分は、含まれていない

rijiri_10.jpg

利尻ヘアカラートリートメントは、
刺激が強い成分を含んでいないのが、特徴です。


白髪染めトリートメントには、
クロリド系の刺激の強い染色成分が、
よく使われています。


しかし、刺激の強い染毛剤は、配合されていません。


刺激性界面活性剤、シリコン、防腐剤、酸化防止剤、
金属封鎖剤、安定剤
も、使われていません。


そのため、ヘナでもかぶれてしまったという人も、
安心して使っているとの口コミが、多数あります。

 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る